2010年08月05日

まるやま塩屋店@和歌山市

実家に帰ったときは、ほぼ毎回家族で行くのがここ「まるやま」
IMG_9481.jpgIMG_2052.jpg

中華そば(600円)
IMG_4977.jpgIMG_5223.jpg
やばいやばい。これが楽しみで帰省するようなもの。
スープの出来の波が割と大きいので、たまにハズすけど今回はバッチリ。
そして胡椒を入れてナンボ。

サイドメニューの定番、早寿司(100円)
IMG_7432.jpg
中華そばに早寿司は実はそれほど合うとは思わない。
昔、井出商店にあった巻きずしが最強かな。
あと普通の塩むすび。

焼き餃子(350円だったかな?)
IMG_7518.jpg
ここの餃子、パリパリジュワーでたまらなくいい。

食後に化調感がずっと舌に残るところも一興。
スープの土台が良いから化調も生きるのだー、と思い込むと幸せになれる。

posted by T at 16:11| Comment(1) | TrackBack(0) | ラーメン

グリーンコーナー@イズミヤ和歌山店内

和歌山と言えば、数年前には和歌山ラーメンがブームになったけど、
そのときに取り上げられていたラーメンなるものは、実は『和歌山中華そば』なのである。
「和歌山ラーメン」はわかりやすい一般用語として使われていると重々承知しているので、
まあ通じるからいいやと思う程度だけど、個人的には区別したいところ。

で、地元で言う和歌山ラーメンといえばこれだろう。
グリーンコーナーのてんかけラーメン!

抹茶ソフトとコロッケがセットになったグリテンセット(430円)
たまたま割引デーだった、通常は500〜600円くらいかな。
(その他の写真は無し)
IMG_4658.jpgIMG_1154.jpg

わかめと天かす、そして紅生姜。
麺はどちらかというと博多系寄りかな。ちょっとぷっつり感がある。
鶏がらとか昆布のあっさりおとなしめのスープだけど、ちょっと塩分が多めなのと
天かすの油分との混ざり具合で、身体に悪いと思いつつも後を引きまくる。
そして完食。

和歌山人にとってラーメンといえばこれか、もしくはインスタントラーメンだった。
一般的な和歌山ラーメンは、「中華」もしくは「そば」と言う。
蛇足だけど、中華料理を指す場合はフルで中華料理、
蕎麦のことは黒そば、あるいは日本そばといわないと通じない(かも)


posted by T at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン

2010年07月27日

麺総研かなで〜紅〜@府中

かなで@府中といえば、多摩エリアのラーメンファンならずとも知られたお店である。

そのお店の真向かい(徒歩3秒)のところに別ブランドの 紅(くれない)というお店を
オープンさせることとなり、その2日前のプレオープンのレセプションに、
我々多摩武蔵野ら〜団もご招待いただいた。

全員は参加できなかったが、さやぴぃさん、ZATSUさんと自分の3名でお邪魔することに。
綺麗な写真とわかりやすい詳細はお二人のブログでご覧ください(笑)
IMG_8661.jpg
大勢の方が招待されていたようで、順次案内してもらうのだが、
ウエイティングは、かなでの店舗ということでお店に入る。
中に入ると、各方面で有名な方々が。
お久しぶりの方や、お名前だけは知っているけど初めましての有名な方がずらり。

こうやって同じ趣味の方々と接すると、また昔のように熱く談義したくなるなぁ。

待ってる間にビールやお茶といった飲み物やおつまみが。
車だったのでウーロン茶をいただきつつ、つまみチャーシューを堪能。
さすがにひとつひとつ手抜かりが無い仕事。
IMG_6167.jpg


しばらく談笑の後、紅へ案内していただく。
IMG_2490.jpg
メニューは3種、さやぴぃさんが鬼紅、ZATSUさんは紅、とくれば自分は味噌。
IMG_2924.jpg
並べてみた。上から、鬼紅、紅、みそ。

自分が頼んだのが、これ。
IMG_0050.jpg
見た目からワクワクさせられるビジュアル。
ちらっと顔を出した極太の麺を見てアドレナリンが出ないラヲタはいないでしょう。

辛いメニューに比べて若干おとなしいが、豪快な豚肉、細かい背脂、
ニンニクと生姜を効かせつつも、味噌の主張も強いなんとも攻撃的なラーメン。

そして、やはり気になるのは、7種の太さの麺。
なので、二郎よろしく天地返しをしてみた。(軽く引っ張り出しただけ(笑))
IMG_7736.jpg
わかりにくいと思うが、色んな太さの麺が混在している。

2mmの細麺から10mmの太麺が混在するので、茹で加減が難しいと思うが、
そのあたりはさすが麺のスペシャリスト、絶妙なところを計算されている。
あえて突っ込むなら、太麺の存在感に押されて細麺の影が薄かったかな。。。
2mmの麺量を増やしてもよさそう。


その麺を切り出すための切り歯がこれ
IMG_3540.jpg
自作麺をするものとして、辛いラーメンよりシビれるアイテムである。

この切り歯で切られた7種の麺を揉んで縮れさせるのだが、
太麺が少々団子状になっていた部分が見られた。
個人的にはこれも良しだけど、そのあたりをマイナスな指摘として出てこないとも
限らない。とはいえまだまだ始まったばかり、今後もっと進化していくと思う。


posted by T at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン

2010年07月25日

大安@八王子

満来@新宿に居た方が八王子に「大安」という名のお店を出した、
と聞いて平常心でいられるわけがない。

20数年前に田舎から出てきた若造にカルチャーショックを与えた
ディープインパクトなチャーシュー麺。

これが多摩に来たのは個人的麺史に残る出来事である。
と派手な表現をしておきながら、ここ数年、満来はご無沙汰しているのだが(笑)


常々、長男には満来のチャーシュー麺デビューをさせたいと思っていたので、
これは好機ということで、「えー、またラーメンかよぉ」という、歓喜の声を聞きながら出発。

IMG_9251.jpg

長男にはこれから始まる戦のことは何も告げずに、チャーシュー麺の食券を渡す。
肉を残すことを想定して、自分はざるらーめんの大盛、次男とシェア。

待つこと2,3分だろうか、速攻で出てきたチャーシュー麺は紛れもない「満来」そのもの。
興奮しすぎて長男を無視しての撮影。

チャーシューめん(1200円)
IMG_5864.jpg

この肉の塊を目の当たりにして、長男の目がキラリと光ったのは見逃さない。
さっそく肉と格闘している姿を見てDNAが正統に受け継がれていることを確信。

間もなく自分が頼んだのが着丼

ざるらあめん(750円)+大盛(200円)
IMG_2314.jpg

あっさりとしたスープに気持ち強めの塩分と酸味を感じるところもそのままだし
麺の食感や湯で加減も申し分ない。良い意味で満来のほぼ完コピである。
うれしくてたまらない。
若干、辛さが少な目かな。これはいくらでも調整できるし、
小1の次男に食べさせるにもちょうど良い。

富士山を思わせる盛り方、麺の量もバッチリ。
IMG_2863.jpg

長男のラーメンだが、結局肉を全て平らげ、麺は1/3程残した。
その残りを食べたが、ダシはあっさりだけど深みがあるし、
油分と塩分で力強さもきっちり出てる。
そこそこ時間が経っていたにも関わらず、だれない麺で最後まで楽しめた。

思惑が外れて肉は残らなかったのでちょっと残念だが、次回は一人でしっかりと頂こう。

接客も好印象だし、全てにおいて隙が無いお店といえる。

posted by T at 20:36| Comment(0) | TrackBack(1) | ラーメン

2010年07月01日

景勝軒総本店@前橋市

豚さんちを後に、もうちょっと時間があったので、次のお店に。
ここも仕事場に近い。
IMG_7939.jpg
メニューが多すぎ。というか整頓されていない感じ。非常に悩む。
常に人が券売機の前で立ち往生している。
自分の前後も人がつかえていたので、券売機の写真を撮る余裕もなし。 
メニューを単純化できないなら券売機の前以外でもゆっくり考えられるようにすべき。
このデリカシーの無さはホームページのセンスにも通じるといわざるを得ない。 
(情報商材サイトっぽくて字がでかくて縦に延々と続くページは見る気がなくなるんだよねぇ) 
とりあえず、地域の名称が入ったものにした。
上州つけ麺(700円)
IMG_2600.jpg
先客が4人程だった割に15分以上かかったかな。
麺が太いからということで自分を納得させる。
IMG_9849.jpg
流行の濃厚豚骨魚介ベジポタ系スープ。
ああこれね、って感じ。まあでも旨いし好き。
IMG_6407.jpg
麺は多加水目でいて固めの歯ごたえだけど
クニュッとした跳ね返る弾力があるわけではなく
ある程度のところでプツっと噛み切れてしまう
武蔵野うどんを細くした感じかな。
悪くは無いけど、やはり弾力があるほうが好き。
うーん気になるところはいくつもあるけど、近所にあれば通うだろうなぁ。
割引で500円になったりするのでお得感もあるし、
自己満足的な部分をもうちょっとユーザに向ければ絶対に良いお店だと思うんだけどね。
posted by T at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン

豚さんち@高崎市

仕事で群馬県高崎市。
高崎といえば、「だるま大使」だけど、ここは何度も食べているので、
今回は他にするか、ということで数軒の候補の中から選んだのが、
仕事場所から行きやすくて、最近、二郎系を出すという情報を得たので「豚さんち」へ。
IMG_4813.jpg
玄関で黒豚くんがお迎え。
IMG_9889.jpg
メニューのトップにいきなり 浅草開化楼麺 の文字が。
これは知らなかった。。。
IMG_4351.jpg
 メニューを見ると、上から2番目にある、”限定”、”二郎系”の2ワードで
「限定!強烈魚介ラーメン」というのを指差して、
これくださいっ、と注文。 
最初に二郎という文字が目に飛び込んできたので
条件反射的に注文したが、実は4番目に”豚ダブル”ってのがあった。。。
これが本来の二郎系である。
お店の人に変更をお願いしたが、ラーメンが出来上がる直前で、
もう変更がきかないところだったのであきらめた。
まあでも基本は二郎系スープなのでいいかな。
IMG_5893.jpg
野菜マシができるということと、聞いてみたらアブラマシもできるとのことで
両方増しにしたが、ぜんぜんそんなこともなく普通・・・
IMG_0516.jpgIMG_4706.jpg
麺は確かに開化楼なんだけど、固めに演出したかったのか、
圧倒的に茹で足りない。アルデンテまでまだまだあるぞってくらい。 
もうちょっと茹でた方が麺が生きると思うんだけどなぁ・・・ 
スープは二郎系に期待していたが透明感があるし、カエシも薄い。
ど、どこが二郎でしょうか??? ”二郎風” にもなっていないのはちょっとショック
味は良い、意識から二郎を外せば十分うまい。
でも不完全燃焼なのはアブラが足りないせいか・・・
でもラーメン店としては良いし、機会があればリピートしたいお店。
居酒屋ということもあるのか、接客は非常にいい。
帰りは玄関まで見送りとかちょっと焦ってしまたけど。
posted by T at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン

2010年06月25日

本宗@東村山

今月27日で閉店すると聞いて、行っとかないとやばいということで。
ここ最近はご無沙汰してたけど、一時期はお昼によく来てた。
多摩本の2弾目だったかな、載っていただく予定だったが工事かなんかで
断念したことを思い出す。
IMG_8588.jpg
IMG_3920.jpg
最後はやはり味噌。ちょっと奮発してチャーシュー味噌(950円)
IMG_8795.jpg
西山の麺で結構好きなんだけど、ちょっと柔目の茹で加減なので
いつも固めでお願いする。
オーソドックスな北海道系味噌ラーメン。
安心して食べられる。
一口一口噛み締めながら食べようと思ったけど、
いつものようにがぁぁっと一気食い。
自分なりにちゃんと味わって食べたけど(笑)
posted by T at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン

2010年06月17日

まる玉@両国

たまたま仕事で近くに行ったので寄ってみた。未食店。
鶏白湯の人気店。
昼時は結構行列しているそうだけど、昼を外したので満席に近かったがすんなり入店。
IMG_8754.jpgIMG_2167.jpg
まる玉ラーメン味玉子入り(750円)
IMG_4881.jpg
品物が出てくるときは手渡しだったが、片手でどうぞと渡され、
体の半身がもう厨房に戻ろうとしている。違和感1
 
上品な鶏スープでちょっと塩分が強めかな、でもちょっとしょっぱいくらいが良い。
麺は細いのでスープとの絡みもいいし、歯切れも良くて好み。
IMG_1419.jpg

周りを見て思ったが、1人が替え玉を頼むと、連れの分まで聞いてくる。
違和感2。
効率よくしたいのはわかるけど、食べる速さがそれぞれ違うんだから
遅い人を急かすようなことをするのは嫌いだ。
理解はできる。混雑時のオペレーションなんだろう。
けど、それを通常時にも持ってくる無粋さが個人的には不快。
この程度なら許容範囲っちゃー範囲だし、近くにあればたまに行こうかなという
良い味だけど、場所が場所だけに、よほどの縁がないかぎりもう行かないだろう。
posted by T at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン

2010年06月04日

とんとん@西国分寺

「たけくらべ」では実は和ふうらーめんも食べようと思ったんだけど、
なんとなくもう1軒行ってみようかなと思って、1杯で店を出た。
どこにするかなーと、新小金井街道を南下して左右のお店を確認しながら
「二郎」の行列も見つつ全店スルーしてしまう(笑)
さすがに2杯目で二郎は無いし・・・
実は、「ラーメンショップ椿」を通過したときに、ラーショ系も久々に
食べてみたいなという思いもあったので、戻るのもなんだし、
じゃあここだ、といことで「とんとん」へ
IMG_0878.jpg
ラーショ系は絶対にネギを入れるべき、ということで
ねぎラーメン(600円)
IMG_8930.jpg
かなり久しぶりなので以前の記憶が曖昧だったりする。
まあ、ラーショ系ってそれほど劇的な違いが無いので
あーだこーだは言う必要も無いかな。
最近の濃厚な豚骨スープに比べればライトで物足りないし、
面白みも少ないけど、安心して食べられるのがイイ。
IMG_1272.jpgIMG_7544.jpg
やっぱネギとの相性は抜群。気持ちもうちょっと多目がいいかなぁ。
卓上のにんにくや豆板醤は昔はドカっと入れてたんだけど、
好みが贅沢になってきたのか、業務用の味が受け入れなくなってきたので
入れない。生にんにくがあれば間違いなく入れるだろうなぁ。
差別化するためにも有料トッピングすればいいのに・・・
レンゲがでかいお店が多いのもラーショの特徴なんだな。
posted by T at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン

たけくらべ@小平

週末ラヲタ。
仕事も終わり、今回はどこにしようかなと考えてたけど、
やはり結局は二郎が食べたくなってる。

仮に途中で気が変わってもいくらでもリカバリがきくので
とりあえず小金井方面に車を走らせる。
案の定、気が変わった(笑)
夜に行ったことがなかった「たけくらべ」へ。
IMG_3658.jpg
昼は細麺しかやってなく、夜限定の未食の中太麺が目当て。
豚ふうらーめん・中太麺(590円)
IMG_5249.jpg
しっかりと豚骨を主張してるけど豚豚しいしつこさは感じない。
やさしい感じというのかな。後味も残らないすっきりとしたスープ。
チャーシューは3枚ほど入っていてなかなかのボリューム。
海苔がスープに入っていないのがちょっとしたこだわりを感じる。 
IMG_0073.jpg
肝心の麺は加水高めのもっちりした歯ごたえで
スープにはマッチしている。
細麺も悪くないけど、個人的にはこちらが好きかも。
駐車場も2台分あるし、車で行きやすい。
posted by T at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン

2010年05月28日

なかい@久米川


北海道ラーメンを後にして、目指すは長いこと気になっていたが
なかなか行けなかった(行かなかった(笑)) 「なかい」へ。
怪しいオーラが立ち込めてます。
IMG_0073.jpg
パラダイス系と思わせる外観は人を寄せ付けるのか否か、微妙な雰囲気

(パラダイスというのは関西系の人ならわかると思うが、ほめているわけではない。
「パラダイス 探偵ナイトスクープ」でググってみてくだされ)
 

IMG_3658.jpg

”昭和の味”が泣かせる。ワクテカが止まらない。
IMG_8930.jpg
よく見ると字はなかなかうまい。
 
すりガラスで中が見えないところがまた微妙に入りにくいが、
店内に入ってみると、意外や意外、シンプルで整頓されている。
ちょっと肩すかしかな。
IMG_0878.jpg
メニューもいたって普通で、ラーメンとつけ麺。
しいていえば「イタ麺」だけど、まあ今どき珍しいというわけでもなく。

 
、、、ん? あれ?

アップにしてみる。
nakai.JPG
「当店のラーメンには
       ご希望の方に
      70年代のフォークソングが付いてます」

パラダイス、キターーー\(^o^)/

うれしい発見でございます。
そして、厨房の片隅にギターがあることをしっかりと確認させてもらいましたよ。
いや、自分は寡黙でシャイなラヲタなので、歌ってくださいとは言えずに退散しましたけどね。 

そうそう、肝心の
ラーメン(600円)
IMG_1272.jpg


鶏がらからしっかり出汁をとって、魚介系とあわせた、ほっとする和風スープ。

(お店的には魚貝らしい)
くどくなる直前くらいの絶妙な量の柚子が入っていた。これは好み。

グイグイ飲める後引き系。
 

IMG_7544.jpg丼に屋号が入っているところが憎らしい。

麺は多加水で太め。小麦感もしっかりしている。手打ちかな?

比較的柔らかめに茹でられてたがこのスープには合ってると思う。

お店には極太と書いてあるが、それほどでもない。


ご主人もすごく良い人そうだし、寂れているのはもったいない。
ちょっとプッシュしたい感じ。
お酒もあるし、楽しめそう。
 
どなたか70年代フォークを一緒に歌いに行きませんか?
posted by T at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン

北海道ラーメン@久米川

ら~団メンバーに触発されて、行きたくてウズウズしていた「北海道ラーメン」
今週の昼(火曜のみ昼営業あり)に行こうとしたが、臨時休業とのことで、今日になった。
前回から2ヶ月ちょっと経っている。そりゃ欲するはずだ。

二郎が悪魔ならこちらは小悪魔といったところか。
もしくは、やさしい悪魔・・・(わかる人、おっさんです(笑))
塩ラーメン(650円)+バター(100円)
IMG_6807.jpgナルトが裏返っている・・・

メニューには塩バター(650円)もあるのだが、チャーシューなどがリストラされる。
チャーシューは必須でしょう、ということで塩ラーメンにバタートッピング。
数口食べたところで、青緑の悪魔、ニンニクを入れた。
ビジュアル的にも刺激的なので、撮影をば。。。と思ったら
iPhoneが固まりやがった(たまにあるんだよねぇ)

再起動に時間がかかるので、ラーメン最優先ということで食べることに専念。
結局清算後も起動せず、お店の写真も撮れず(入る前に撮ればよかった)
IMG_5249.jpg
バターを入れると最初は香りがたって良い感じだが、
しばらくするとスープに飲み込まれてしまう。
バターくらいじゃビクともしない強いスープ。さすが!

後から来たおっちゃん2人が冷酒と餃子を注文しやがった。
うらやましいぞ、こんちくしょうめ。
実は、味噌ラーメン+チーズトッピングをおかわりしようと思っていたんだけど、
ここに来る前に、気になっていたお店が営業していたので、
2杯目はガマンして次へ。
posted by T at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン

2010年05月21日

ひごもんず@武蔵小金井

そろそろしないとやばくなってきた免許更新
休みを取ることができたので府中へGO。
更新が終わったら行こうと思っていた近くの「無坊ふかみ」まで歩いて行ったが
定休日だった(調べておけよ、と) 
ラヲタのくせに、実は「ふかみ」より「カレーのプーさん」狙いだったんだけど、
これは定休日だったことは確認していた 

仕方がないのでバスで武蔵小金井まで戻り、久しぶりの「ひごもんず」。
IMG_6807.jpg
何年ぶりだろうか、武蔵小金井に住んでいた頃以来かも。。。
そもそもラーメンにハマるきっかけが「桂花」なので、この系統の味は大好物
一番イイときの「ひごもんず」は「桂花」を凌いでいたと思う。
角煮ラーメン(850円)
IMG_5249.jpg
このビジュアルたまりませんなー
角煮、キャベツ、きくらげ、マー油、白濁スープ
久しぶりに味わえるという期待感ばっちり
IMG_8930.jpgIMG_1272.jpg
歯切れのいい麺は今でこそ多くなったが、20年も前は貴重な存在だった。
それに角煮のトロトロさは言うことなし。
全体的に以前と劣化もなく問題なし。満足。 
IMG_3658.jpg
にんにくクラッシュは入れすぎるとくどくなるので1個がいい感じかな
ランチセットB(ごはんと餃子3個で100円)
IMG_0073.jpg
餃子はジューシーでおいしかった。もっと食べたい感じ。
今回の目的のお店じゃなかったけど、満足度は高かったのでよし。
posted by T at 19:58| ラーメン

2010年05月14日

節とい軒@中河原

週末ラヲタがわくわくし始める金曜日。
 
今日はどこに行こうか考えるも、なかなか思い浮かばない。
未食店?新店?それとも好きなお店?
 
候補になるお店はいくつも出てくるが、どうもぱっとしない。
 
どんなラーメンを食べたいのか、を考えてみた。
まずはつけ麺であること。
スープの種類はこだわらない。
何よりも麺が太いこと、太い、ふっとい、ぶっとい、、、、

節とい軒!! はい決まり(笑)

 

ちょっと試したいルートがあったので、少々遠回りしながら向かう。
途中で府中駅の近くを通ったときはさすがに二郎の誘惑があったが、
なんとか振り切った
IMG_6807.jpg
到着。
すぐ近くにコインパーキングがあるが、1時間300円。
15分とか20分の単位じゃないのね。。。 
 
店に入ると先客4名。想像していたよりも混んでなかった。
 
節といつけ麺海老(750円) 大盛り(無料)
IMG_0073.jpg

桜海老がトッピングされている
IMG_3658.jpg
豚・鶏・野菜・魚介のうまみを凝縮した濃厚で粘りのあるスープ。
具にサイコロ状の山芋が入っているが、食感のアクセントにいい。
チャーシューはちょっと厚切りで、直前にバーナーで炙って出してくれるが、
それほど炙った効果があるようには感じなかった。
この太い麺が食べたかった。
普通盛で200g、中盛300g、大盛400g
IMG_8930.jpg
茹で上がりまで10分ほど待つ
もっちりとした噛み応えと、口いっぱいに太麺が暴れる感じがイイ。
IMG_5249.jpg
テーブルのポットには節系の割りスープが。
最後にたっぷり注いで楽しませてもらいました。
味は言うまでもなく、丁寧な接客が好感を持てるので、
自信を持って人に紹介できるお店。
posted by T at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン

2010年05月09日

日の出屋@立川

日曜の昼過ぎ、まったりとラーメンを食べるならここしかない。
ということで13:30以降になるとワンコインで食べられる「日の出屋」へ。
以前は「羽衣大勝軒」という店名だったが、お店の都合なのか、大人の事情が
あったのかは知らないけど今の店名に。

ご存知の方も多いと思うが、一軒家の居間(和室)が客席となっている。
普通に玄関から入り、下駄箱に靴を入れてお邪魔するスタイル。

中華そば(500円) 13:30以降のワンコインサービス
IMG_5249.jpg
最近はブレが少ない気がするが、一時期は食べる度に違うお店にきたのかと
思うくらい波が激しかった。(どの場合も美味しかったけど)
味は東池袋大勝軒に近いものの、比べてしまうと違う。
まあ、大勝軒じゃないからあたりまえか(笑)。

もりそば(500円) 中盛り(+70円)
IMG_6807.jpg
通常300g(だったかな?) 中盛りで400gになる。

今回のつけ汁はこれまでにないくらいの酢が投入されていて
冷やし中華かよ〜くらいに酸っぱかった。
せっかく卓上に酢があるのだから、もっと抑えてもいい気がする。
それ以外は満足。つけ麺の王道。

なんだかんだいっても好きなお店だし、ご主人や奥さんの人柄もいいし、
500円だし(笑)、多少のことは許せてしまう。

posted by T at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン

2010年05月08日

三番亭@立川

やたらと八王子系が食べたくなった。
幸いなことに、ウチの近所には「丸幸@立川」がある。チャリ圏内だ。
ただ、今日は仕事帰りで車を使っていたので駐車場が欲しい。
そんなときのベストチョイスは、そう「三番亭」である。
駐車場は関係なくレベルの高い八王子系なのは言うまでもないが、
八王子に行かなくてもいいのがうれしすぎる。 
IMG_6807.jpg

珍しく駐車場には車がなかったので、さくっと入店。
もっと珍しいのが、先客ナシ(驚)こんなのは初めて。
多摩本ではご紹介しているが、自分は担当ではなかったため
実は食べたことがないネギ入りをチョイス。
ネギチャーシュー麺(800円) 特盛り(+150)
IMG_5249.jpg
ローストビーフを思わせるジューシーで大判なチャーシューが4枚。
このチャーシューは必須。これを楽しまないと損である、と断言できる。
基本的にどの店でもスープバランスを壊すと思ってネギ系は敬遠するのだが、
ここのは思った以上にネギが邪魔しない、というよりあったほうが味わいに
膨らみが出る。そうか、たまねぎが合うくらいだからなぁ、と勝手に納得。
あと、白と黒の胡椒が用意されているが、白をたっぷりという食べ方がいいかな。
もちろん序盤はノーマルで食べるけど。
IMG_0073.jpg
丸い麺が、すすったときに角が当たる感がないから柔らかな口当たりで
それを噛んだときのぷつっとした歯切れのよさとのバランスがたまらない。
実は後半は麺がスープを吸って柔らかくなるんだが、その変化がまた楽しい。
この食感の楽しさを十分に堪能したいので特盛りなのだ。
決して大食いだからではなく・・・・
posted by T at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン

2010年05月07日

慎謙@東村山


東村山駅前に本日オープンした「慎謙(しんけん)」へ。

当面は1日50食ということで昼休みにそっこーで行ったら満席で行列無しという感じ。
それなりに余裕だったかな。
IMG_6807.jpg

今日はつけめんのみの提供ということで
つけめん(800円)大盛(+100円)
IMG_5249.jpg
大盛で400g、普通盛りで250g。
スープはオーソドックスなダブルスープに魚粉がかかっている。
しっかり取られたスープで美味しいんだけど、最近にしてみれば珍しくないので、
「あ、これね」という感じ。とろみはあまりないので麺との絡みが弱い。
刻みチャーシューが割と多めに入っているのでボリューム感はまずまず。
IMG_3658.jpgIMG_0073.jpg
麺は浅草開化楼の極太。スープなしで麺だけで半分は食べられる。
もちっぷつんという感じで、ちょっと歯切れがよすぎるかな。。。
スープ自体は美味しいけど、麺と絡まないので、麺に負けている感が否めない。
一般受けはするかもしれないけど、ちょっと食べ歩いている人には、新鮮さがないかな。
個人的にはもっととろみが欲しい。ベジポタ系でもいいかもしれない。
あとこの系に多い、スープのぬるさが目立つかな。つけ麺なので冷め切るまでが早い。 

最後のスープ割にゆず粉を振りかけるのが良い演出。 

つけ麺としての完成度は高いほうだと思うけど、行き着くところは値段かな。
800円は結構厳しい。立地が良いから集客は見込めると思うので安価に設定しても
多売でフォローできるだろうから、せめて700円スタートかなー。
600円なら週1回通いたい。
ご主人としてはこだわるところはあると思うけど、そのうちランチタイムの
お得感を出すメニューが欲しいところ。 
なにはともあれ多摩で浅草開化楼の麺が食べられる貴重なお店である。
応援していきたい。
posted by T at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン

2010年04月30日

圓@八王子

「さくら」を食べた後、「圓」はあらかじめ予定していたが、スタートの11時までには
まだ時間に余裕があるので、その間にもう一軒ないかなーということで、
そういえば八王子そごうの物産展で「新福菜館」が出ていることを思い出して行ってみた。
がしかし、イートインは11時からということで断念
なんだかんだウロウロしてたら11時近くになったのでお店に向かう。
すでに開店。行列なし、2席ほど空きあり。
IMG_0878.jpg
煮干ラーメン(680円)
IMG_1272.jpg
煮干がっつーん、言葉がありましぇ〜ん。
この麺の口当たりやさくっとした歯切れ感はなかなか出会えない
IMG_7544.jpg
麺、スープ、具の一品一品に抜かりなく仕事が施されている。
ひとくち食べては唸り、ひとくち飲んでは唸り、
なんでこんなに旨いんだろうとため息しか出ません。
今日の結論としては、
さくら→圓 は八王子のゴールデンルートといわざるを得ない。
posted by T at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン

さくら@八王子

世間はゴールデンウィークだけど、自分は仕事・・・
だったんだけど、やぼ用があって有休を取る。

用事は午後からで、午前はぽっかり空いていたので、
んじゃ、朝ラーだ!! と前日Twitterにつぶやく。
もちろん狙いはここ
IMG_8930.jpg
思ったほど時間もかからなかったので、ちょくちょく行けそう。 
ちょうどお客さんが居なかったので、ご主人と奥さんに
多摩本のお礼がてらちょっとご挨拶。
初めてなので、基本の中華そば(500円)
IMG_6807.jpg
細麺と太麺があり、細麺をチョイス。
しっかりとした手打ち麺。
IMG_5249.jpg
魚介系の香りに柚子はベストマッチ。
オーソドックスなトリガラ+節系の和風さっぱりラーメンではあるけど
麺もスープもこりゃ只者じゃない、って事がひとくち目から明らかにわかる。
ご主人と話しながら食べるなんて余裕がなく、夢中で完食。
なんだこのうまさは・・・
 
ふぅと一息ついて、追加オーダー。
蕎麦粉入りつけ麺(700円)
IMG_0073.jpg
北海道産の蕎麦粉を混ぜた手打ち蕎麦
IMG_3658.jpg
さくっと歯切れのいい蕎麦。
つけ汁は、ちょっと甘めで酸味が後から追いかけてくる感じ。
食欲を刺激する黄金比を実現したような味わい。
こりゃ夏場はたまらんだろうなーという逸品
これまた一瞬で無くなる。
その気になればもう一杯は食べられそうだったが、
あえて次回の楽しみにした。 
間違いなく良い意味で《やばいお店》だ。 
---------------------------------------------------------------------------
あと、これは買っておけというアドバイスもあり帰り際に買ったのがこれ。 
さくら壱味(500円)
IMG_7923.jpgIMG_7709.jpg
家に帰って、ちょっと味見をしてみた。
ラベルにも書いているが ”激辛!!” でもうまいっ。
唐辛子の輪切りがみっしりと入っている。
そのまま食べるよりも料理に使うといった感じか。
ラーメンやチャーハンで使ってみようっと。 
とりあえず手持ちの味噌と合わせて辛味を延ばしたものを作った。
キュウリにつけて食べたらビンゴ!!何本でもキュウリが食べられそう。
posted by T at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン

2010年04月21日

幸楽苑@東大和


Twitterで幸楽苑が純利益増というのを見て、定期的に麺類半額とか餃子105円セールを
やっているのが功を奏しているのかなーと思いつつ、こんな値段にしても儲かるなんて
それだけのスケールメリットが出ているんだなーと感心。

そういえば職場近くの幸楽苑が今週は麺類半額セールをしていたので行ってみた。

普段ならあまり頼まない高額メニューにする。

坦々麺(619円 → 309円)
IMG_6807.jpg
「辛」のマークが2つついているのだが(最大で2つ?)それほど辛くも無く、
食べやすい。ゴマの香りと味をしっかりと感じる。

IMG_5249.jpg
麺は通常の麺かな、多加水でちょっともちっとした食感が好み。


メニュー全体にいえるんだが、それぞれ特筆するものはなく、
大当たりは無い。でもハズレも無いので安心して食べられる。

これって実は大事。
マズイから2度と行かない、というのをなるべく減らして
味は普通だが値段や他の面で「また行こう」と思わせること。
これは絶対に負けない。
(幸楽苑がこれを意識しているかどうかは知らないが(笑))

そうそう、エビわんたんと安いほうのお子様セットが無くなってた。
あとプリンがあったが、コンビニでも買えそうな雰囲気で180円はちょっと手が出ないなー

posted by T at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン