2010年08月05日

まるやま塩屋店@和歌山市

実家に帰ったときは、ほぼ毎回家族で行くのがここ「まるやま」
IMG_9481.jpgIMG_2052.jpg

中華そば(600円)
IMG_4977.jpgIMG_5223.jpg
やばいやばい。これが楽しみで帰省するようなもの。
スープの出来の波が割と大きいので、たまにハズすけど今回はバッチリ。
そして胡椒を入れてナンボ。

サイドメニューの定番、早寿司(100円)
IMG_7432.jpg
中華そばに早寿司は実はそれほど合うとは思わない。
昔、井出商店にあった巻きずしが最強かな。
あと普通の塩むすび。

焼き餃子(350円だったかな?)
IMG_7518.jpg
ここの餃子、パリパリジュワーでたまらなくいい。

食後に化調感がずっと舌に残るところも一興。
スープの土台が良いから化調も生きるのだー、と思い込むと幸せになれる。

posted by T at 16:11| Comment(1) | TrackBack(0) | ラーメン

グリーンコーナー@イズミヤ和歌山店内

和歌山と言えば、数年前には和歌山ラーメンがブームになったけど、
そのときに取り上げられていたラーメンなるものは、実は『和歌山中華そば』なのである。
「和歌山ラーメン」はわかりやすい一般用語として使われていると重々承知しているので、
まあ通じるからいいやと思う程度だけど、個人的には区別したいところ。

で、地元で言う和歌山ラーメンといえばこれだろう。
グリーンコーナーのてんかけラーメン!

抹茶ソフトとコロッケがセットになったグリテンセット(430円)
たまたま割引デーだった、通常は500〜600円くらいかな。
(その他の写真は無し)
IMG_4658.jpgIMG_1154.jpg

わかめと天かす、そして紅生姜。
麺はどちらかというと博多系寄りかな。ちょっとぷっつり感がある。
鶏がらとか昆布のあっさりおとなしめのスープだけど、ちょっと塩分が多めなのと
天かすの油分との混ざり具合で、身体に悪いと思いつつも後を引きまくる。
そして完食。

和歌山人にとってラーメンといえばこれか、もしくはインスタントラーメンだった。
一般的な和歌山ラーメンは、「中華」もしくは「そば」と言う。
蛇足だけど、中華料理を指す場合はフルで中華料理、
蕎麦のことは黒そば、あるいは日本そばといわないと通じない(かも)


posted by T at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン