2010年07月27日

麺総研かなで〜紅〜@府中

かなで@府中といえば、多摩エリアのラーメンファンならずとも知られたお店である。

そのお店の真向かい(徒歩3秒)のところに別ブランドの 紅(くれない)というお店を
オープンさせることとなり、その2日前のプレオープンのレセプションに、
我々多摩武蔵野ら〜団もご招待いただいた。

全員は参加できなかったが、さやぴぃさん、ZATSUさんと自分の3名でお邪魔することに。
綺麗な写真とわかりやすい詳細はお二人のブログでご覧ください(笑)
IMG_8661.jpg
大勢の方が招待されていたようで、順次案内してもらうのだが、
ウエイティングは、かなでの店舗ということでお店に入る。
中に入ると、各方面で有名な方々が。
お久しぶりの方や、お名前だけは知っているけど初めましての有名な方がずらり。

こうやって同じ趣味の方々と接すると、また昔のように熱く談義したくなるなぁ。

待ってる間にビールやお茶といった飲み物やおつまみが。
車だったのでウーロン茶をいただきつつ、つまみチャーシューを堪能。
さすがにひとつひとつ手抜かりが無い仕事。
IMG_6167.jpg


しばらく談笑の後、紅へ案内していただく。
IMG_2490.jpg
メニューは3種、さやぴぃさんが鬼紅、ZATSUさんは紅、とくれば自分は味噌。
IMG_2924.jpg
並べてみた。上から、鬼紅、紅、みそ。

自分が頼んだのが、これ。
IMG_0050.jpg
見た目からワクワクさせられるビジュアル。
ちらっと顔を出した極太の麺を見てアドレナリンが出ないラヲタはいないでしょう。

辛いメニューに比べて若干おとなしいが、豪快な豚肉、細かい背脂、
ニンニクと生姜を効かせつつも、味噌の主張も強いなんとも攻撃的なラーメン。

そして、やはり気になるのは、7種の太さの麺。
なので、二郎よろしく天地返しをしてみた。(軽く引っ張り出しただけ(笑))
IMG_7736.jpg
わかりにくいと思うが、色んな太さの麺が混在している。

2mmの細麺から10mmの太麺が混在するので、茹で加減が難しいと思うが、
そのあたりはさすが麺のスペシャリスト、絶妙なところを計算されている。
あえて突っ込むなら、太麺の存在感に押されて細麺の影が薄かったかな。。。
2mmの麺量を増やしてもよさそう。


その麺を切り出すための切り歯がこれ
IMG_3540.jpg
自作麺をするものとして、辛いラーメンよりシビれるアイテムである。

この切り歯で切られた7種の麺を揉んで縮れさせるのだが、
太麺が少々団子状になっていた部分が見られた。
個人的にはこれも良しだけど、そのあたりをマイナスな指摘として出てこないとも
限らない。とはいえまだまだ始まったばかり、今後もっと進化していくと思う。


posted by T at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン

2010年07月25日

大安@八王子

満来@新宿に居た方が八王子に「大安」という名のお店を出した、
と聞いて平常心でいられるわけがない。

20数年前に田舎から出てきた若造にカルチャーショックを与えた
ディープインパクトなチャーシュー麺。

これが多摩に来たのは個人的麺史に残る出来事である。
と派手な表現をしておきながら、ここ数年、満来はご無沙汰しているのだが(笑)


常々、長男には満来のチャーシュー麺デビューをさせたいと思っていたので、
これは好機ということで、「えー、またラーメンかよぉ」という、歓喜の声を聞きながら出発。

IMG_9251.jpg

長男にはこれから始まる戦のことは何も告げずに、チャーシュー麺の食券を渡す。
肉を残すことを想定して、自分はざるらーめんの大盛、次男とシェア。

待つこと2,3分だろうか、速攻で出てきたチャーシュー麺は紛れもない「満来」そのもの。
興奮しすぎて長男を無視しての撮影。

チャーシューめん(1200円)
IMG_5864.jpg

この肉の塊を目の当たりにして、長男の目がキラリと光ったのは見逃さない。
さっそく肉と格闘している姿を見てDNAが正統に受け継がれていることを確信。

間もなく自分が頼んだのが着丼

ざるらあめん(750円)+大盛(200円)
IMG_2314.jpg

あっさりとしたスープに気持ち強めの塩分と酸味を感じるところもそのままだし
麺の食感や湯で加減も申し分ない。良い意味で満来のほぼ完コピである。
うれしくてたまらない。
若干、辛さが少な目かな。これはいくらでも調整できるし、
小1の次男に食べさせるにもちょうど良い。

富士山を思わせる盛り方、麺の量もバッチリ。
IMG_2863.jpg

長男のラーメンだが、結局肉を全て平らげ、麺は1/3程残した。
その残りを食べたが、ダシはあっさりだけど深みがあるし、
油分と塩分で力強さもきっちり出てる。
そこそこ時間が経っていたにも関わらず、だれない麺で最後まで楽しめた。

思惑が外れて肉は残らなかったのでちょっと残念だが、次回は一人でしっかりと頂こう。

接客も好印象だし、全てにおいて隙が無いお店といえる。

posted by T at 20:36| Comment(0) | TrackBack(1) | ラーメン

2010年07月23日

二郎@府中


泣く子と二郎にはかなわない。

さてさて、今週はめじろ台の汁無しを狙っていたのだが、
臨時休業というメールが届き、府中に変更。

この看板が見えた瞬間、背筋が伸びます。
IMG_5554.jpg

おおっ行列無し。てことで写真をパチリ。
IMG_6428.jpg

店内に3人行列のみ、待ち時間0で食券購入!!
ざるらーめん(700円) + 温泉卵(100円)
IMG_4407.jpg

着丼してからミスに気がついたんだけど、
今回はあつもりにしようと思ってたのに言い忘れていた。。。

我がら〜団のジロリエンヌ?、ジロガネーゼ?のPinmama女史に教えてもらった
自作汁無しをやりたかったんだけど、この夢ははかなく消えた。

行列が無かったことで舞い上がってしまったのが原因と見られる。

IMG_7462.jpg
ここで、また痛恨のミス。
麺をひっくり返したところ(B麺)を撮り忘れ。

IMG_8190.jpg

この油の量、わかるだろうか。ギットギト、しかも底をかき混ぜると
濃い〜カネシが。

この油と濃いカネシをあつもりの麺に掛けてまぜぞばにして、
しかも温泉卵とチーズも追加した日にゃたまらんなぁと思う。

次回は忘れないようにしないと。



posted by T at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 二郎

とき@東村山

職場が東大和市で、車でちょっと行った隣の東村山市に「とき」はある。

かなりの人気店なので、待ち時間や麺の茹で時間などを考えると
昼休みに行くのは結構ギャンブルで、なかなか行けない。

いつもダメ元で行ってほとんど断念するんだけど、
今回は駐車場は空いてる、行列は無し、席が半分しか埋まってない
Oh!ラッキーDay!!

IMG_6410.jpg
外に人がいないー

もう食べるものは決まっている、
あとは「ばか盛り」にするか「ばか王」にするか、それだけ。

カレー汁(750円)+ばか盛り(200円)
IMG_0399.jpg
かなり暑い日だったので、釜揚げにしなかったが、そのうちやってみたい。

麺の強いコシ、味わいは武蔵野うどん有名各店の中でも随一であろう。
IMG_9057.jpg
ご主人の太い指で力強く手打ちされたということが、かみ締めるほどに感じられる。


カレー汁も秀逸で、この麺とすばらしく絡む。
この麺のためだけに極限までチューニングされたカレーである。
IMG_0127.jpg
このカレーつけ麺が基準になってしまっているので、そんじょそこらの
カレーうどんでは満足できない体になっている。


麺の食べ終わりに、一反木綿登場
IMG_0446.jpg
やはり〆はこれでしょう。
うどんのミミ。

ミミだけを10枚くらい集めて1つの商品にできると思う。
けどやらないでね、楽しみがなくなるから(笑)

職場が近くて幸せだなぁと思う。


posted by T at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | うどん・そば

2010年07月16日

二郎@ひばりが丘


ヒバリーヒルズジロー。

今回で多分4回目という頻度が低めのお店である。

最初の2回がやたら回転が悪くて、いくら二郎でもこりゃかなわん、
それに、駐車場代もチャリンチャリンと音が聞こえてきて、1杯のコストが(笑)
という印象が足を遠ざけるのかな。
でも多摩ジロリアンとしてはそんなセコイことを言ってる場合じゃないのだ。

今回はラーメン(650円) ヤサイニンニクアブラ
IMG_0592.jpg
ちょっと油の層が厚めなのが好きではなかったけど、
今回はあまり気にならなかった。
というか悪くないじゃんって感じ。


B麺
IMG_8284.jpg
相変わらず惚れ惚れしますなぁ。

これまでと変わらないと思うんだけど、食べやすかったのは気のせいかな、
不思議なくらい、ささっと食べ終わったので、もう終わり?みたいな寂しさが・・・
大にすればよかった。

posted by T at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 二郎

2010年07月02日

二郎@小金井街道

また、悪魔の声が聞こえる。
脳内のジロトニンが不足してきたようだ。
そんなわけで、また小金井にきた。

府中に行きたかったんだけどお休み。あと野猿も休みだったので。
チャリ圏内には立川があるんだけど、雨が振りそうな気配だったし・・・
って、誰に言い訳してんだ?誰と戦ってる?(笑)

IMG_1416.jpg
どうしても麺をたっぷり食べたかったので大。
  
コールは「ニンニクアブラ」
たったこの一言を言うのに頭の中で復唱しているのは内緒。
IMG_5802.jpg

右手に見えますのが豚でございます、左手はニンニク、
一番高いところがアブラになっております。
お客様っ、お気をつけください、箸はゆっくりとお願いしますー

 
B麺はこちら。
IMG_2575.jpg
この麺は何度見ても良いですなぁ


スープの乳化具合もたまりません。

 
 
posted by T at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 二郎

2010年07月01日

景勝軒総本店@前橋市

豚さんちを後に、もうちょっと時間があったので、次のお店に。
ここも仕事場に近い。
IMG_7939.jpg
メニューが多すぎ。というか整頓されていない感じ。非常に悩む。
常に人が券売機の前で立ち往生している。
自分の前後も人がつかえていたので、券売機の写真を撮る余裕もなし。 
メニューを単純化できないなら券売機の前以外でもゆっくり考えられるようにすべき。
このデリカシーの無さはホームページのセンスにも通じるといわざるを得ない。 
(情報商材サイトっぽくて字がでかくて縦に延々と続くページは見る気がなくなるんだよねぇ) 
とりあえず、地域の名称が入ったものにした。
上州つけ麺(700円)
IMG_2600.jpg
先客が4人程だった割に15分以上かかったかな。
麺が太いからということで自分を納得させる。
IMG_9849.jpg
流行の濃厚豚骨魚介ベジポタ系スープ。
ああこれね、って感じ。まあでも旨いし好き。
IMG_6407.jpg
麺は多加水目でいて固めの歯ごたえだけど
クニュッとした跳ね返る弾力があるわけではなく
ある程度のところでプツっと噛み切れてしまう
武蔵野うどんを細くした感じかな。
悪くは無いけど、やはり弾力があるほうが好き。
うーん気になるところはいくつもあるけど、近所にあれば通うだろうなぁ。
割引で500円になったりするのでお得感もあるし、
自己満足的な部分をもうちょっとユーザに向ければ絶対に良いお店だと思うんだけどね。
posted by T at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン

豚さんち@高崎市

仕事で群馬県高崎市。
高崎といえば、「だるま大使」だけど、ここは何度も食べているので、
今回は他にするか、ということで数軒の候補の中から選んだのが、
仕事場所から行きやすくて、最近、二郎系を出すという情報を得たので「豚さんち」へ。
IMG_4813.jpg
玄関で黒豚くんがお迎え。
IMG_9889.jpg
メニューのトップにいきなり 浅草開化楼麺 の文字が。
これは知らなかった。。。
IMG_4351.jpg
 メニューを見ると、上から2番目にある、”限定”、”二郎系”の2ワードで
「限定!強烈魚介ラーメン」というのを指差して、
これくださいっ、と注文。 
最初に二郎という文字が目に飛び込んできたので
条件反射的に注文したが、実は4番目に”豚ダブル”ってのがあった。。。
これが本来の二郎系である。
お店の人に変更をお願いしたが、ラーメンが出来上がる直前で、
もう変更がきかないところだったのであきらめた。
まあでも基本は二郎系スープなのでいいかな。
IMG_5893.jpg
野菜マシができるということと、聞いてみたらアブラマシもできるとのことで
両方増しにしたが、ぜんぜんそんなこともなく普通・・・
IMG_0516.jpgIMG_4706.jpg
麺は確かに開化楼なんだけど、固めに演出したかったのか、
圧倒的に茹で足りない。アルデンテまでまだまだあるぞってくらい。 
もうちょっと茹でた方が麺が生きると思うんだけどなぁ・・・ 
スープは二郎系に期待していたが透明感があるし、カエシも薄い。
ど、どこが二郎でしょうか??? ”二郎風” にもなっていないのはちょっとショック
味は良い、意識から二郎を外せば十分うまい。
でも不完全燃焼なのはアブラが足りないせいか・・・
でもラーメン店としては良いし、機会があればリピートしたいお店。
居酒屋ということもあるのか、接客は非常にいい。
帰りは玄関まで見送りとかちょっと焦ってしまたけど。
posted by T at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン